街中でよくGT-Rを見かけるというのも、ちょっと変な気がする

最近、よく日産のGT-Rを街中で見かけたりするのですが、たまたまなんでしょうかね。
GT-Rといえば、1000万円はするような超ハイスペックなスポーツカーで、日本が世界に誇るスーパーカーの一つです。
値段はもちろん超高級車のレベルだし、それほど販売台数が多いわけではありません。
しかし、やはり熱心なファンというのがいるらしく、毎年コンスタントに売り上げを積み重ねている車の一つです。
でも、GT-Rというのは普通の自動車とは違って、乗りやすいわけでも、移動や物を運ぶのに便利なわけでもありません。
「ちょっとそこまで買い物に行く」なんてときに乗る車ではないと思っているので、街でよく見かけるというのも、ちょっと違和感があるんですよね。
それにしても、GT-Rを所有する人というのは、もちろんそれだけの車を購入できる資産のある人なのでしょう。
でも、何を思ってGT-Rを購入するに至ったのかという経緯のようなものにちょっと興味があります。
だって、車が欲しいといっても、「じゃ、GT-Rにしよう」という風には、どう考えてもならないですよね?アリシア クリニック 予約