ヘルマン・ヘッセの「デミアン」を読んだ日光から何かが変わった。

学生時代のことです。ある日馴染みがこれを読んでみてほしいと一冊の文庫本を引き取りました。「デミアン ヘルマン・ヘッセ」のニュースが少なく印刷してありました。わたしはよく正式をよむサイドではありませんでしたが、友人の外見から大事にしていらっしゃる正式ですなと感じたのでした。夜中更かしばかりやるわたしですから深夜のリーディングだ。直ちに帰宅した夜それを読み始めました。グイグイ引き込まれていきました。ヒロインが出会ったデミアンは不思議な存在として描かれていました。とあるサイトを読んでいた状態でした。ヒロインがクライアントを描いていらっしゃる、誰かに通じる、誰かに通じると恋人の内を探る。そして話し掛けました。デミアンだと。わたしはこういう現実で何とか経験する身震いと、鳥肌の立つような恐れを覚えたのです。なぜそのようなものが私の頭から出て来たのか自分でわかるハズもありませんでした。馴染みに正式を返したお天道様、そのチャットをしました。馴染みは話しました。「すごかっただ?」こういうデミアンを貸してくれたのは妻でした。同級生でした。不思議なものですが、わたしと女房の道程は次々近くなって赴き、惹かれ合っていきました。何度か女房はわたしを部屋に入れてくれました。何時間も話し込むことが多くなりました。現在思えばこういうデミアンをshareした状態から私たちの道程はなくなったも同様のような、とっても昔から知っていた人同士のような間柄になりました。今は遠く離れ、接点もなくなったと言えますが、「デミアン」こういう一言でもうこういう時刻を共々した時代に戻れそうな気がするのです。すっぽん小町 楽天

北海道の記念で簡単豪華なサパー♪

今日の晩ごはんは楽だけど豪華な晩ごはんでした。
北海道の土産で頂いた海鮮の瓶詰め(6諸々!)を少しずつお皿に盛り付けて、前日作ったおひたしも一緒にワンプレートにしました!
流石にそれだけではうら淋しいのでおすまし汁と納豆も添えましたけど(笑
おすまし汁はしいたけと舞茸としめじ、人参とお豆腐で工具ですくさんにして食物繊維もバッチリです。
さて、瓶詰めの献立ですが鮭のルイベ漬にいくらの醤油漬け、北寄貝のわさび漬けなどなど総て白いめしにいえる商品ばかりだ。
なので今日は白いめしを食べ放題にして彼と白めし宴席です!!と喜んで食べました。
(普段は太りすぎ軽減のために白めし多くです、白めし大好きなんですけど…)
流石に北海道の海の幸福はおいしくて久々に白めしを2膳ペロリと平らげてしまいました。
彼は誠に山積み4杯も!!
ブラックホールのような胃を有する彼にたえず驚かされてます。
海鮮の瓶詰めは依然残ってるので、ウィークエンドには彼とふたりでそれを肴に国中酒でも楽しもうかなと思います。アリシアクリニック キャンペーン