カラダ見立てを前に健康弁当を持って出社していく男性

日々お決まりの頑強診察の時間になったと言って、いそいそと健康志向になっているパパが、稼業に持ち歩くお弁当を野菜中心にしてほしいと言ってきました。主食を食べ物からサラダにすると言うのです。確かに健康のためにはカロリーを削ることも大切ですが、それでも働き盛りのパパがそれだけで足りるのか心配で仕方ありませんでした。洒落ぽく「頑強診察までの応急処置だ?」と笑って聞くと「そんなことは乏しい、ずーっと積み重ねるよ」と意外な答えが返ってきました。どうして考えてみても胴が空いてしまうのは目に見えています。そこであたしは考えました。野菜をたっぷり使って、味付けはこってり眼の惣菜をめっちゃ押し込めることにしたのです。味付けがこってりやる結果食いでは持てるけれど、根底は野菜なのでカロリーは抑えられます。サラダにも旨いドレッシングを添えて、多少なりとも幸福を感じてほしいと思っています。そういう工夫をしていることをパパは感じ取ってくれたようで、お弁当を渡すと「絶えず有難う!」と笑顔で言ってくれました。その一言でまた翌日も頑張ろうと思えました。謳い文句の挨拶ははなはだいのちですなと思いました。http://www.reelbadarabs.org/ginkou/lake.html

自分で見せるばっかりだったのに、時折もらうと結構嬉しい。

アスパラが最新にご時世になった。
母親から「普段着、お世話になっている会釈」と、産直ヘルプをもらうことになった。
それがアスパラガスだったり始める。

4月の下旬に申し込みをしてくれた。
天候さえウイークポイントが無ければ、2週ほどで到着する予定だった。
それが1か月たっても来なくってね。
母親から呼び出しが来て、「天候が腹黒いお天道様が続ていているから、惜しくも加わる」と知らせが来たの。

そこからもっと2週たったあたり、もう一度母親から呼び出しが来て、
「もう少し鳴るから、気長に待ってて」と言われてしまった。
この時点で申し込みから1か月幾分が過ぎていた。

1週の時、一年中だけ晴れ上がるお天道様があって、別は全く多雨で、天候が腹黒いお天道様が続いていたので、
それを納得するしかないのよね。

グングン2週が過ぎた。
用事があって出かけていた時に、肉親が家財道具を受け取ってくれたのだけど、
「おどろかせて決める」と思ったらしく、自分が冷蔵庫を開けるまで言わなかったのだ。
夕食を仕掛ける前に冷蔵庫を開けて驚き!

届いたことを母親に電話するから、黙っていたままでいられたら弱るのだけど!
一気に母親に電話をして、会釈を言った。

オススメは、サッと焼いて塩分コショウで食する。
てんぷらにしても好ましい。
産直だから、みずみずしくておいしかった。

いつもは各地に掛かる親族に届けるばかりだったので、時折もらうと有難いものだね。
ごちそうさまでした!